• 増やして若さを取り戻そう

元々、欧米人に比べて、日本人にはハゲが少ない傾向にあります。

しかし最近、日本人にも薄毛、抜け毛、ハゲを悩みとして持つ人が増えました。

これには食生活の変化が影響していると思われます。

戦後、日本人の食生活は欧米の影響を強く受けるようになり、

ハンバーガーをはじめとするファストフード、脂をふんだんに使った料理、

クッキー、チョコレートといったお菓子類などが、どこの家庭の食生活にも溶け込んでいます。

野菜や魚中心の和食を食べていた頃の日本人と比べると欧米流の高カロリーな食生活を送る現代の

日本には、確実に髪のトラブルに悩む人が増えているのです。

 

薄毛「ハゲ」の原因の多くは、髪そのものではなく、抜けやすい頭皮環境 !

 

脂肪の多い食生活を続けていると皮脂腺が広がり、それに伴って毛穴が大きくなります。

広口のつぼ状になった毛穴にも髪は生えてきますが、穴が広くてしっかりと根が張れないため、

毛が細く、またほんの少しの刺激で簡単に抜けやすくなってしまいます。

つまり、薄毛「ハゲ」の進行を食い止める有効な手段の1つとして、昔ながらの

野菜や魚中心の和食に切り替えることがオススメです。

ところで、よく「育毛には黒い食べ物が良い」とか「微量ミネラルが薄毛を予防する」

などという話を聞いた事がありませんか?

これらも確かに髪の育成には必要ですが、ひとつの食材だけ食べていれば

髪が抜けないということではありません。

あくまでも、基本はバランスの良い和食中心の食事という事に尽きるのです。

ただ「黒い物」や「微量ミネラル」が、現代人の食生活に不足しやすいものであることは確かですね。

たとえば亜鉛。

亜鉛は貝類、ナッツ類、小豆や黒豆などに含まれるミネラルで、新しい細胞を作ったり、

傷を早く治す働きを助ける栄養素です。

最近は亜鉛不足による味覚障害が増えています。

味覚障害に陥ると味に鈍感になり、ほかの人が食べると驚くような味付けで食べている、もしくは調味料を沢山かけている、

といった事が起こっていると思います。

亜鉛不足による味覚障害は1例ですが、食生活の偏りは、このようにさまざまな不調をもたらします。

そして育毛の邪魔をして悪影響を及ぼします。

健康な髪の毛の維持にはバランスの良い食生活が大切なのです。

毛穴は家と一緒なのです。綺麗に住みやすくないと落ち着きませんよね!

肉やファストフード類はできるだけ控え、魚や野菜、貝、豆、海藻類など、

不足しがちな食材を積極的にとるように心がける、季節の食材を取り入れた和食にするなど、

きわめて基本的な食への姿勢が、薄毛「ハゲ」の悩みから抜け出す第一歩なのです。

また遺伝的に薄毛体質を受け継いでいる方などは、とりわけ、

1日も早い食生活の改善を心がけるようにしましょう !