• 増やして若さを取り戻そう

薄毛に効果的なトリートメント使用方法は!?賢く使って綺麗に発毛!

こんにちは。

naoです。

昨日の台風21号は大阪方面で甚大な被害出てしまいましたね….

各地大変だと思います。復旧作業も並々ならぬ時間が必要だと思います。

コチラ静岡も暴風域に入っていまして看板や屋根が飛ばされた…など被害が相次ぎました。

ご近所、もしくは自治体で協力しあいながら少しでも早く復旧される事を願います。


さて話を変えてしまいますが、皆さんはトリトーメントはどの様にお使いでしょうか?

 

女性の方は毎日お使いという方は多いと思います。

男性はどうでしょうか?

そしてトリトーメントの使い方、使用量、正しいやり方を出来ていますか?

今日はこのあたりをお話していきたいと思います。

そして薄毛が気になる時は、育毛剤や育毛サプリ、シャンプーなどにとにかくこだわっちゃいますよね!

薄毛のスキンケアに実は欠かせない存在である「トリートメント」!発毛して薄毛が多少解消されてたとしても、

チリチリの髪の毛よりは、艶のある健康的な髪質になりたいもの!

今回は薄毛のスキンケアにオススメのトリートメントと、使い方のコツについても、詳しく解説していきます♪

【トリートメントが毛髪に与える影響】



そもそも、トリートメントは毛髪にどのような影響を与えるものなのでしょうか?

まず、トリートメントは頭皮に直接つけるものではありません。

もし、習慣的に頭皮に付けているとしたら、頭皮に刺激を与えてしまい、

結果的に炎症などを起こす可能性があるので注意しましょう!

トリートメントは毛先につけることで、髪の毛にハリやコシ、艶を与えてくれます♪

トリートメントは、髪の毛をコーティングし、ダメージから守ってくれる効果があります。

紫外線やタバコの煙、ストレスなどで髪の毛は日頃からダメージを受けてしまいますが、

そういったストレスからトリートメントは髪を守り、より健康な髪へと整えてくれるのです。

ですが、このコーティング力はトリートメントによって強い場合もあります。効果が大きい分、

地肌につけると頭皮環境を悪化させてしまうものもあるので、使用する際は頭皮につけないように注意しましょう♪

【トリートメントとリンスの違い】


「トリートメントってリンスみたいなもんでしょ?」そう思っている方も多いのではないでしょうか?

トリートメントとリンスの違いを改めて押さえておきましょう!

◆リンス

リンスは髪の毛の表面に保護膜を張ります。

リンスをすると髪の毛がサラサラになり、指の通りが良くなります。

見た目もツヤが出て綺麗に見えますが、あくまでも髪の毛の表面を保護するものなので、

髪の毛の内部までの効果は期待できません。内部のダメージなどに対する効果は薄いといえます。

◆トリートメント

トリートメントは、リンスと同じように髪の毛の表面上に保護膜を張るだけではなく、

髪の内部にも成分を浸透させてくれます。これにより髪の毛のダメージを改善してくれるのです。

トリートメントには様々な種類があります。しっとり仕上がるタイプや、

ダメージの改善に特化したトリートメントなど、自分の髪質に合わせて選ぶようにすると、

より健康的で綺麗な髪の毛へ近づけます!

【トリートメントは、髪にボリューム感を与えてくれる!】


薄毛で悩んでいる人にとって、トリートメントが与えてくれる一番のメリットは、

ズバリ髪にボリューム感を与えてくれること!部分的に髪の毛が薄いと悩んでいる方は、

トリートメントを使用することで他の箇所のボリューム感がアップし、薄毛が目立たなくなるでしょう。

また、ボリューム感だけではなく髪にツヤやハリを与えてくれるので、

より綺麗に髪の毛が発毛していきます。薄毛対策でシャンプーや育毛剤を活用するのも良いですが、

発毛した後の髪のケアとして、トリートメントは欠かせないものなのです。

【トリートメントの使用方法をマスターしよう!】

それでは、より薄毛に効果的なトリートメントの使用方法とはどのようなものなのでしょうか!?詳しくご紹介していきます。

① シャンプーで髪の毛をしっかりと洗う

トリートメントをする前は、しっかりと髪の毛をシャンプーで洗います。

洗う時は爪を立てずに指の腹を使って汚れを落としていきます。また、すすぐ時はシャンプーの泡が残らないようにすすぎます。

ある程度時間を掛けて、丁寧に洗っていきましょう。

② シャンプーが終わったら髪の毛の水気をとる

シャンプー後は髪の毛を手で軽く絞ったり、バスタオルで軽く髪の毛を拭くようにします。

③ トリートメントをつける

水気をとったら毛先からトリートメントをつけます。この時、頭皮にはつかないように注意しましょう。

髪の毛の内側にも成分を浸透させたいので、つけた後は2~3分浸透させます。

④ トリートメントを洗い流す

お湯でしっかりとトリートメントを洗い流しましょう。この時、ちょっとトリートメントが残っている方が効果的な気もしますが、

洗い残しがあると頭皮に付着する可能性があるので、シャンプーの時と同様にしっかり洗い流すのがポイントです!

トリートメントの基本的な使用方法をご紹介しましたが、現在は浸透させなくても、

つけてすぐに洗い流せるトリートメントも販売されています。購入する時にパッケージの裏をチェックして、確認するようにしましょう。

【トリートメントには3つのタイプがある!】

大きく分けると、洗い流すタイプと洗い流さないタイプに分けられますが、

そこからさらに3つのタイプに分類することができます。

① 髪にハリやコシを与える、強化系タイプ

加水分解ケラチンや、加水分解シルク、メドウフォームラクトンなどが多く含まれ、

より髪の毛にコシやハリを与えてくれます。

最近枝毛が増えてきたな…。

など、髪の毛のダメージが強くなっていると感じた方は、

こちらの強化系タイプのトリートメントを試してみるのがオススメです♪

② 髪にボリューム感を与える、しっとりタイプ

薄毛に悩んでいるという方は、しっとりタイプのトリートメントがおすすめ!

使用することで髪全体にボリューム感が出てきます。

仕上がりも、ふわっとするので、髪のセットもしやすくなります。

部分的な薄毛が気になるという方でもしっとりタイプのトリートメントなら、自然にカバーすることができますよ。

③ 乾燥に強い、保湿タイプ

頭皮や髪にとってストレスとなるのが乾燥。直接ではありませんが、薄毛にも悪影響を与えかねません。

もしフケが多かったり、頭皮のかゆみが気になる、髪の毛がパサパサしている…。

そんな風に感じている方は、髪の毛や頭皮が乾燥しているのかもしれません。

保湿系のトリートメントなら、乾燥から髪の毛を守ってくれるのでとてもオススメです♪

トリートメントは、以上の3タイプに分けることができますが、

季節やその時の自分の髪の毛の状況によって臨機応変に使い分けましょう。

あまりコロコロ変えすぎると、かえって髪の毛にダメージを与えてしまう可能性がありますが、

3ヶ月に1回程度のチェンジなら、髪の毛の負担にはなりません。

 

【まとめ】

トリートメントは薄毛に直接良い影響を与えるものではありませんが、

上手に使いこなせれば、髪の毛をよりハリとツヤを与えることができます。

せっかく育毛対策をするなら、綺麗な髪の状態をキープしたいですよね。

リンスも良いですが、

髪の毛の内部までしっかりと成分を浸透させられるトリートメントを、

ぜひ生活に取り入れてみてくださいね♪