• 増やして若さを取り戻そう

白髪になる原因は?3つの要因を詳しく解説!

年齢を重ねていくごとに発生する白髪。

髪は人の見た目を左右する上で重要な要素となるので、

白髪になることで周りの目を気にしてしまう方も多いでしょう。

今回は、そんな白髪になる原因を詳しく解説していきます。


白髪になるのはなぜ?


そもそも、黒い髪の毛が白くなるのなぜなのでしょうか?

原因を解説する前に、まず根本的なメカニズムについて説明します。

体の中には、髪の色を黒くする色素であるメラニンが存在しています。

このメラニンが正常な数値を出していれば、問題なく髪の色は黒いままで維持されます。

しかし、メラニンを生成するメラノサイトの活動が弱くなることで、

メラニンの生成が少なくなり、徐々に白髪が増えるという仕組みになっているのです。


白髪の原因になる3つの要素


次に、白髪の原因となると言われている3つの要素について解説していきます。

改善できる部分があれば、参考にして予防してみましょう。


1.加齢


人は年齢を重ねていくうちに、細胞が劣化していく傾向にあります。

細胞の一つであるメラノサイトも同様に、加齢に伴い劣化するので、

メラニンの生成が少なくなり白髪が増えていくのです。

そのため、年齢を重ねていくと白髪が出るのは仕方のないことであるといえます。

それでも白髪になるのが嫌というのであれば、

水をよく飲んで細胞を劣化させないように努力することが必要です。


2.ストレス


仕事やプライベートで起こるストレスは、

溜めすぎると体内で活性酸素を作り、細胞を傷つける恐れがあります。

細胞の一種であるメラノサイトも、活性酸素によって傷つけられると、

活動が低下してメラニンの生成が遅れる可能性があるのです。

結果、白髪が増える結果に繋がります。

そのため、日ごろからのストレスは休日などで、

しっかり解消させておくことが大切です。

そうすれば、活性酸素が体内で溜まることを防ぐことが可能になります。


3.生活習慣


生活習慣の乱れは、髪の成長を妨げる原因を作ってしまうため、

正しい生活を送る必要があります。

例えば、喫煙を日常的に行っている方は、

メラノサイトの活性化を促すビタミンB群を破壊してしまう習慣にあるので、

白髪になる傾向にあるようです。

また、慢性的に寝不足の方も、

髪の成長を促す成長ホルモンの分泌を妨げる生活習慣を送っている傾向にあるので、

白髪になってしまうことがあります。

生活習慣を正して、髪をいつまでも健康な状態で維持してあげましょう。

 

白髪の原因は日ごろの習慣から

白髪が増えると老けて見られてしまいがちになります。そう見られないためにも、日ごろの習慣を改善して髪の成長を促しましょう。

特に白髪の原因であるストレスや喫煙、寝不足などは、自分の行動次第で変えることができます。ストレスは自分なりに解消する方法を考えて、喫煙の習慣はできるだけ控え、寝不足は早めに寝る努力をしていきましょう。