• 増やして若さを取り戻そう

毛母細胞の「血行促進」と「栄養補給」


 

抜毛の直接的な原因は、頭皮の毛母細胞の働きが悪くなるからです。

 

髪の毛を作る役目を持つ毛母細胞の働きは、加齢によって

 

細胞自体が弱った時や、食生活の乱れ、ストレス、頭皮のトラブル、生活習慣病、男性ホルモンの

 

影響が強くあらわれたときに低下します。

 

これが、脱毛や薄毛などの症状をひきおこします。

 

脱毛や薄毛を予防し、また解消するには、毛母細胞の働きを高める必要があります。

 

そのポイントは2つあります。

 

ひとつは髪に良い栄養素をとること。

 

もうひとつは栄養が十分に毛母細胞に行き渡るように、頭皮の血行を良くすることです。

 

髪に必要な栄養素はタンパク質、ミネラル、ビタミンなどです。

 

とくに良質なタンパク質を含む卵や大豆、亜鉛などのミネラルやビタミンが豊富な緑黄色野菜や海藻、

 

小魚などは不足しないよう、心がけて食べることが重要です。

 

もちろん、これらの栄養素を取り入れながら、いろいろな食品をバランス良く食べることが重要なのは、

 

言うまでもありません。

 

頭皮の血行を良くするには養毛剤を使ったり、頭皮をマッサージする事が効果的です。

 

現在市販されている養毛剤のほとんどが頭皮の血行促進を目的としているので、

 

使用感の良いものを半年間ほど継続して使い続ければ、効果が期待できると思います。

 

最低半年です。

 

また肩や首のコリをほぐしたり、生活リズムを規則正しく整えることも効果的!

 

頭皮や心身の緊張が解きほぐされ、血行が良くなります。

 

栄養バランスの良い食事をとり、頭皮の血行を促せば、

 

脱毛の解消や育毛の促進は不可能ではありません。

 

ぜひ挑戦しましょう。 しかし継続は力なりです!!

 

なお、皮膚炎、糖尿病、甲状腺機能の異常などが脱毛の原因となる場合もあります。

 

このような病気がないか、チェックしておく事も大切になります。

 

栄養バランスの良い食生活

頭皮の血行を改善する