• 増やして若さを取り戻そう

薄毛のメカニズムとは?シャンプー成分〇〇に注意!

働き盛りの男性にとって特に気になる髪。
実は、薄毛に悩んでいる男性は意外と多いです。
しかし、薄毛のメカニズムを正しく理解している人は少数と言われています。
メカニズムを把握せず、やみくもに育毛ケアすると時に悪化させてしまうことも……。
今回は、薄毛のメカニズと注意したいシャンプーの成分に関してまとめてみました。

薄毛のメカニズムとは?

髪の毛は1回抜けたら終わりというわけではありません。
生えては抜けて、そしてまた生えることを繰り返しています。
一連の流れはヘアサイクルと呼ばれ、段階によって成長期・退行期・休止期という名称がつけられているのです。
1日に50〜100本くらい髪が抜けても、それは自然なこと。
ただし、ストレスや不規則な生活習慣などが原因でヘアサイクルが乱れていると、まだ髪の毛が十分成長しないうちに脱毛してしまい、弱々しい毛だけが残って、だんだん黒髪が失われていくことになります。
これが薄毛のメカニズムです。
育毛の為には、ヘアサイクルを正常に戻し、強くたくましい毛が生えてくるようにサポートしてあげることが重要となります。

髪に優しいシャンプーを選ぶ

ヘアサイクル正常化の鍵となるのがシャンプーです。
ほぼ毎日使うシャンプーにこだわることで、頭皮や髪の状態が改善され、ヘアサイクルが整いやすくなります。
実際、筆者も薄毛に悩んでいた時期があったのですが、シャンプーを変えることで髪の状態が目に見えて変わりました。
ポイントは、頭皮や髪に優しいシャンプーを選ぶこと。
ヘアサイクルが乱れている状態は刺激に弱くなっていますので、労りつつケアしてあげることが大切と言えます。

シャンプーの成分は「〇〇〇硫酸」に注意!

シャンプーの成分表示をチェックしたことはありますか?
含まれていた方が良い成分と合わせて、避けた方が良い成分もあります。
それが「ラウレル硫酸」や「ラウリス硫酸」など、「〇〇〇硫酸」と書かれているものです。
これらは高級アルコール系界面活性剤であり、強い洗浄力がありますが使い続けるとどんどん頭皮や髪の毛にダメージを与えてしまいます。
成分表示を見る習慣が付いてみると、一般に流通しているシャンプーの中にも、高級アルコール系界面活性剤が含まれているものが多いことがわかるでしょう。
「〇〇〇硫酸」と書かれた成分が入っているシャンプーは避けることがオススメです。

まとめ

薄毛のメカニズムを理解すれば、ヘアサイクルを正常に戻すことが重要であることがわかります。
まずはシャンプーから見直してみましょう。
「〇〇〇硫酸」と書かれた成分が入っておらず、髪や頭皮に優しいシャンプーを使うことが正常化の第一歩です。