• 増やして若さを取り戻そう

薄毛になってしまうには食べ方に原因がある?毎日の習慣で髪を守ろう!

髪が成長するために必要なのは栄養です。栄養は食べるものによって構成されるため、食べたものが直接、髪の健康に関わってきます。

また食べ方によって、薄毛になってしまう危険性もあります。どんな食べ方が薄毛の原因になってしまうのか解説していきます。

薄毛の原因になる食べ方

食べ方によっては、髪の成長を妨げる危険性があります。どんな食べ方が薄毛の原因になるのか、いくつか解説します。

1.寝る前に食べる


髪を成長させる上で、血流の流れは重要な要素となります。しかし、寝る前に食べ物を食べてしまうと、胃の中のものを消化しようと、血液が胃に集まる傾向にあります。

胃に血液が集まってしまうと、髪の成長を促す分の血流まで持っていってしまうので、髪の成長の妨げになってしまう可能性があるのです。

薄毛になりたくないのであれば、寝る前には物を食べないように心がけましょう。

2.食べすぎ


栄養を摂ることは重要なことですが、食べすぎてしまうと肥満の原因になってしまう可能性があります。肥満になると、血流の流れを悪くしてしまい、髪に十分な栄養や血液が回らなくなってしまいます。

そのため、食べすぎてしまわずに、ある程度コントロールすることが重要です。また脂肪分の多い食べ物や炭水化物が多い食べ物ばかりを摂取していると、血流の流れを悪くするので、何事もバランスよく食べるようにしましょう。

3.食事制限


ダイエットを目的とした食事制限は、髪に栄養が行き届かず薄毛の原因になってしまう恐れがあります。十分な栄養がないと髪は弱ってしまうからです。

特に鉄分やたんぱく質は、髪を元気に成長させるためには、大切な栄養素なのです。それを食事制限で抑えるのは、髪にとって悪い行為だといえます。

ダイエットをするといっても、食べながら健康的に痩せることが大切なので、十分栄養は摂りながらダイエットを行うことをおすすめします。

4.外食が多い


自炊をせずに外食ばかりしていると、栄養が偏り脂肪や塩分を摂りすぎてしまう恐れがあります。脂肪が多い生活では、頭皮から皮脂を分泌させやすく、毛穴詰まりを引き起こすきっかけになります。

また塩分を摂りすぎると、肝機能の低下を引き起こす恐れがあり、血流の流れを悪くする恐れがあります。外食ばかりではなく、自炊で栄養バランスを考えた食事をすることが、薄毛を予防する手段にもなるのです。

薄毛を予防するために食べ方を工夫して改善

寝る前に食べてしまったり、外食ばかりしていると、薄毛を誘発させてしまう可能性があります。薄毛にならないためにも、食べ方や食べるものには十分注意しましょう。

髪の成長を促すためにも、たんぱく質を多く摂取したり、中にはサプリメントを摂る方法も効果的でしょう。足りない栄養素は、サプリメントで補い、毎日バランスのいい食生活を行っていきましょう。

まずは野菜を中心に食べていき、脂肪や炭水化物の摂取を控えるようにしていきましょう。いきなり生活習慣を変えるのは難しいので、徐々に変えて改善していくことをおすすめします。