• 増やして若さを取り戻そう

こんにちは!

 

naoです。

 

今日の静岡は物凄い雨と強風です。

 

しかしこの低気圧が過ぎてしまえば暖かい春に近づきます。

 

そろそろ桜の開花です。

 

僕はお花見にはよく岡崎城の桜祭りに行きますね。

 

屋台とか露店がたくさん出ていて、とても賑やかです。お客さんもいっぱいです。

皆さんも時間があれば1度は岡崎城の桜祭りへ足を運んでみてください。

 

さて今日は雑学的な事を話してみたいと思います。

髪の毛が1番伸びる時間帯、増える季節、抜ける季節は?頭皮や髪のトリビアをご紹介!


 

薄毛やハゲの人に限らず、美容院で髪の毛カットに失敗してしまった人や、

 

「早く髪を伸ばしたい!」そう思う人にとって、髪の毛が1番早く伸びる時間帯や増える季節は気になりますよね。

 

また、季節によって髪の毛が抜けやすいなどあるのでしょうか?

 

今回は、日頃の疑問点を徹底的にリサーチ!詳しくご紹介していきます!

 

【髪の毛の成長サイクル】

 

髪の毛は一定のサイクルで成長をし続けている訳ではありません。

髪の毛の成長サイクルは主に3つあり、それを何度も繰り返しているのです。

主な成長サイクルはこちら!

・成長期
・退行期
・休止期

 

この3つの期間に分けられます。

 

これは、髪の毛の100%が成長期、退行期となる訳ではなく、

 

部分ごとで、成長期の箇所もあれば、退行期の箇所もある…。

 

といった感じです。

 

人間は一生のうちに、このサイクルを約15回繰り返すと言われています。

 

では、それぞれがどのように髪の成長に影響を与えているのでしょうか?

 

①成長期

 

成長期は4~6年間と3つの時期の中でも最も長いスパンなのが特徴。

 

成長期の期間中は、1日約0.3~0.5㎝髪の毛が伸びるとされています。

 

月に換算すると約1.2㎝!1年だと約12~15㎝髪の毛が伸びるという計算となります。

 

この期間中は、毛細血管から頭皮、髪の毛に栄養が行き渡り、毛母細胞が分裂を繰り返している状態。

 

我々の90%以上の髪の毛が、この成長期の過程にあり、伸び続けているのです。

 

②退行期

 

退行期の期間は、成長期と比べると大きく減って2週間ほどです。

 

この期間は髪の毛を作り出す毛髪細胞が衰えてきて、髪の毛が伸びづらくなります。

 

髪の色を黒色にしているメラニン色素を作る働きも、この期間中は弱くなります。

 

髪の毛全体の5~10%がこの退行期にあたります。

 

 

③休止期

 

休止期の期間は約3ヶ月ほどです。

 

この期間中は、細胞の働きが止まるので、髪の成長も同様に休止状態となります。

 

休止期の後に、また最初に戻って成長期が来るのですが、

 

その過程で新しく生えてくる毛が休止期の古い毛を押し上げ、これが抜け毛となります。

 

休止期の髪は、全体の5~10%といわれています。

 

 

【髪の毛が1番伸びる時間帯は?】


 

それでは、時間帯ごとで髪の毛が伸びやすいなどはあるのでしょうか?

諸説ありますが、より良い髪の成長を考えると、夜22時から翌日2時の間が髪にとっても一番良いゴールデンタイムです。

 

この時間帯は成長ホルモンが分泌されるので、しっかりと良質な睡眠をとることで、健康的な髪の毛の成長に繋がります。

 

髪だけではなく、美容や健康にも良いといわれていますよね!

 

この時間帯はなるべく夜更かしをしないで、しっかりと休息をとるのがオススメです!

 

ストレスや心配事があると、なかなか寝付けない日もあるかと思いますが、

 

髪の毛の成長のためにはやはり睡眠が不可欠!1日6時間以上を目安に、しっかりと寝るようにしましょう。

 

寝つきが悪いという方は、夕食後に軽くウォーキングをして程よく体を疲れさせたり、

 

寝る前に安眠効果のあるホットミルクを飲むようにすると、少しは改善されるかもしれません!

 

ぜひ色々試してみてくださいね!

 

 

【髪の毛が増える季節とは?】


 

春夏秋冬の季節の中で、最も髪の毛が伸びやすいのは「夏」だといわれています。

その理由は、夏は血行が良くなることと、新陣代謝が良くなるためです。

 

夏場は気温が高いので、必然的に血管が膨張し、全身の血行が良くなります。

これにより、成長に必要な栄養素が自然と髪の毛に行き届きやすくなっているのです。

 

また、代謝もアップするので、体内の細胞の活動も活発になり、髪の毛もより成長しやすくなります。

 

逆に冬は気温も低く、体も冷えてしまいがちなので夏に比べると伸びづらくなります。

 

髪の成長を考えたら、冬でも体をなるべく冷やさないで、適度な運動を心がけたり、

 

冷たいサラダよりも温かい煮物を食べるようにするなど、日頃の生活の中で工夫をしていくことが大切です。

 

【髪の毛が抜ける季節】


 

怖い季節ですね…………………………

 

 

一般的に、髪の毛が抜けやすい季節は「秋」だといわれています。

その理由は髪の毛を作り出す毛母細胞が最も切り替わる時期だと言われているためです。

 

 

季節の変わり目はホルモンのバランスが不安定になります。

 

その季節ごとの環境に適応できるように、我々の体も順応していくわけですが、

 

その過程で毛母細胞も変化し、抜け毛に繋がりやすくなるとされています。

 

それに加えて、夏にどう過ごしていたのかという習慣も秋の抜け毛に関係します。

 

実は、夏場は頭皮が最もダメージを受けやすい時期でもあり、

 

夏のダメージが秋になってあらわれる…といったことも考えられるのです。

 

具体的にどのような習慣が悪影響を与えるのか、まとめてみました!

 

・冷たいものを多く摂る…新陣代謝が低下して血行も悪くなる。
・髪の毛をしばる、帽子をずっと被る…髪の毛が蒸れて雑菌が増え、結果的に頭皮環境が悪化する。
・エアコンに多く当たっている…頭皮の冷えと乾燥に繋がる。
・紫外線対策をしていない…夏は他の季節よりも5倍多く紫外線を受けているため、対策をしないと、より頭皮にダメージを与えてしまう。

 

…こうやって見てみると、夏は油断すると頭皮にとって良くない影響を与えてしまうことがよく分かりますよね。

 

そうならないためには、夏でも火を通した野菜を食べるようにするとか、

 

帽子を被る時は1時間に1回を目安に脱いで、髪の毛に空気を通してあげると良いです!

 

紫外線対策も、帽子もオススメですが、現在は髪の毛にも使えるUVスプレーなども販売しています!

 

 

こういったものを使って、夏場の頭皮ダメージを少しでも軽減してあげることが、秋の抜け毛を結果的に防止することに繋がるのです!

 

 

【抜け毛が多いといわれるのは何本くらいから?】

 

抜け毛の多い少ないは、薄毛対策をしている方にとってはかなり気になるところですよね!

 

平均的な抜け毛の目安は、1日当たり50~100本、抜け毛が多い秋だと200本ほどだといわれています。

 

これ以上抜け毛があると少し危険信号なのですが、かといって、毎回抜け毛を拾ってチェックするのは正直骨が折れます。

 

 

「自分の抜け毛がどのくらいか確かめたい!」という方は、

 

シャワーをする時に排水溝に溜まった髪の毛をチェックするようにすると良いでしょう!

 

調べてみて、もし極端に抜け毛が多いようなら、育毛サプリや育毛剤、専門クリニックや皮膚科への受診を検討してみるのがオススメです!

 

 

薄毛対策で薬やサプリに頼るのもひとつの手段ですが、生活習慣を見直すことも大事なことです。

 

 

十分な睡眠がとれているか?

食生活は荒れていないか?

適度に運動をしているか?

 

などなど、一度自分自身を見直して、改善できるところは積極的に改善していきましょう!

 

 

【まとめ】

いかがでしたか?髪の毛のサイクル、普段生活しているとなかなか実感することはありませんが、

知ると抜け毛のメカリズムや、頭皮のダメージがどれだけ髪にとっても良くないのかが分かってきます。

髪の成長力を最大限に発揮するために、

日頃の生活でできる食生活の改善や良質の睡眠などを、ぜひ心がけてみてくださいね!


こちらもおすすめ