• 増やして若さを取り戻そう

薄毛になりやすい髪型と注意したい髪質まとめ

 

薄毛になりやすい髪型がある!?という噂があります。

実際にはどうなのか詳しく調べてみました。

合わせて、注意したほうが良い髪質の特徴に関してもまとめてあります。

 

薄毛になりやすい髪型はロン毛?

 

一般的に、ロン毛は薄毛になりやすい髪型と言われています。

髪が長いとシャンプー剤などを多く使いますし、残留があると、髪や頭皮のダメージとなります。

また、キツく結ぶなどして長時間にわたって髪の毛を強く引っ張ることも薄毛の原因になりやすいです。

結びっぱなしにすると、髪に栄養が届きにくいなどのトラブルが生じます。

髪を結びたい時は、一時的に限定するなど、頭皮や毛根に負担がかからないように気をつけましょう。

 

カラーやパーマは髪の負担になります。

カラーやパーマは、髪の奥深くまで薬剤を浸透させるので、髪を保護するキューティクルにダメージが蓄積してしまいます。

キューティクルは一度壊れてしまうとなかなか修復できないので、なるべくダメージを与えないように配慮することが大切です。

カラーやパーマを同時に行うことは避ける、一度かけたら2週間程度休ませるなど、工夫をして髪を守りましょう。

 

薄毛になりたくないなら、オススメの髪型は短髪です。⇐「何回もいいますが」

髪が絡まるなどのリスクが少なく、毛根への負担を少なくすることができます。

また、頭皮環境も清潔な状態を保ちやすいです。

一口に短髪と言ってもアレンジの仕方は多彩ですので、オシャレしつつ、薄毛対策をすると良いでしょう。

 

薄毛になりやすい!?注意したい髪質

 

髪質によって、薄毛になりやすいとされているものがあります。

髪の毛が細く柔らかめで毛量が少ない人は、薄毛になりやすい傾向があるとされているので気をつけましょう。

反対に、髪の毛が太く硬めで毛量が多い人は、薄毛になりにくいと言われています。

 

髪の毛が細かったり、毛量が少ない人は、なるべく早めに薄毛予防を取り入れることがオススメです。

育毛剤を取り入れたり、頭皮マッサージを実践するなど、出来る範囲からはじめていきましょう。

 

まとめ

 

薄毛を予防する為には、できるだけ頭皮や毛根に負担をかけないことが大切です。

ロン毛、カラーやパーマなどは、髪に負担になりますので、できるだけ控えると良いでしょう。

薄毛になりにくい髪型としては短髪が効果的です。

また、髪の毛が細い・柔らかい・毛量が少ないなどの特徴がある人は、早めの薄毛予防措置が推奨できます。

自分の髪質に合わせて、工夫していきましょう。


こちらもおすすめ