• 増やして若さを取り戻そう

白髪対策に必要な栄養素とは?効果的な食べ物を解説!


見た目にも変化が生じる白髪は、加齢に伴って発生すると言われていますが、防止する方法はないのでしょうか?

 

実は、白髪対策には必要な栄養素を摂取すると効果的であることがわかってきたのです。

どんな栄養素を摂取すれば白髪を改善することができるのか、またその栄養素が含まれている食べ物は、

どんなものがあるのか詳しく解説していきます。


白髪対策に効果的な栄養素


髪の色が黒く維持されるためには、メラノサイトが活性化されてメラニンが生成されている必要があります。

そのメラニンを生成するためには、必要な栄養素がいくつかあるのです。

そんなメラニンの生成を促す栄養素とは、どんなものがあるのか詳しく解説していきます。

1.ヨード(ヨウ素)

海藻類に多く含まれている栄養素で、摂取することでメラノサイトの活動を活性化させる役割を担っています。そのため、積極的に食べることで、白髪対策に効果が期待できるというわけです。

よくコンブやヒジキは髪にいいと言われてきましたが、このヨードという成分が含まれていて、メラノサイトを活性化させていたため、髪にいいという評判が広まっていったのでしょう。

海藻類では、海苔やコンブ、ヒジキなどに多く含まれていて、魚介類でいうとイワシやサバなどにも含まれているので、海藻類と一緒に魚も食べることで、さらにメラノサイトの活性化に効果が期待できます。

2.チロシン

髪を黒色に保つためには、体内で色素を作る必要があります。その働きを担っているのが、このチロシンです。

チロシンはメラニン色素の原料となるので、髪に色を作るためにはチロシンの摂取は欠かせません。

チロシンは、チーズに含まれている成分として発見されました。そのため、乳製品全般に含まれている成分ということがわかります。

チーズだけでなく、バナナやアボカド、魚にも含まれている成分なので、意識して積極的に摂取して、髪を黒色の状態に保つ努力を行いましょう。

3.銅

実は銅もメラニン色素を作る上で必要な栄養素となっています。摂取することで、メラニン色素が生成されるのですが、体内では銅は作られないので、食べ物からしっかり摂取する必要がある栄養なのです。

主に大豆から摂取することができ、野菜ではごぼうやニンニクから摂取することができるようになっています。

エビやカニにも含まれているので、自分の好きなものからしっかり銅を摂取して、メラニン色素を増やしていきましょう。

白髪対策に栄養素は重要

白髪にならないためには、対策としてメラノサイトを活性化させたり、メラニンの生成に役立つ栄養素をしっかり摂る必要があります。

今回紹介した栄養素は、特に髪にいい栄養素なので、参考にしてみて、白髪対策に努めていきましょう。

 

コレ効果がわかります!

👇




こちらもおすすめ