• 増やして若さを取り戻そう

こんにちは!

 

naoです。

 

32歳の若さで抜毛がひどくなり38歳の時、落武者と周りから呼ばれていました。(笑)

 

しかし見事にハゲを克服した立役者達の紹介をしたいと思います。


このプロペシア本当に効きました!!!!

ストレス、食事、仕事の環境、それぞれ人によっては違いがありますが、

 

今回ここで紹介させて頂く物は確実に髪を復活に導いた英雄達であります。

 

あなたに合う物があるか、続けれそうな物はあるのか、どうぞ参考にご覧ください。

 

さて話は変わりますが、今の日本の技術ハゲを隠す定番は「かつら」を思い浮かびますよね。

 

しかし、できれば自分の髪が1番だと皆さんの気持ちわかります。

 

間違いなく私も「自分の髪」が1番と思っています。

 

やはり、できれば自然と自分の髪が増えてくれれば何も悩む事はありません。

 

ハゲてきた、薄くなってきた等、ホントに余分な悩みです。

 

そして最近は海外での薄毛対策は「植毛」がメジャーとなっています。

 

国は違ってもやはり自分の髪がいいのは地球上で誰もが同じようですね。

 

現在日本でもその技術はかなり広まっています。


 

植毛とは、例えば後頭部の皮膚を毛根ごと一部切り取って、その毛根を一個づつ気になる部分に植え込んでいくという方法です。


 

この方法であれば自分の毛根なので拒絶反応もありません。

 

そして1個づつ植えていくために見た目にもとってもかなり自然に仕上がります。

 

ダパンプのissaさんは生え際が真っ直ぐに仕上がってしまい不自然な感じになってしまいました………

 

(この方が植毛した事はかなり噂が広がりました、費用は400万円位との噂でした。あくまでも噂です)

 

それでも伸ばせば大丈夫です。

話しを元に戻しますが、

 

毛根がしっかりと定着すれば髪の毛も自然に生えてきます。

 

悩みは消えて薄毛のストレスから開放されることが出来ますね。

 


 

しかしデメリットとしては後頭部の切り取った部分に手術後が残ってしまうので髪を短くしている人はバレやすいということと、

 

長期の休暇がないと(2週間以上)傷が目立って周りの人たちに手術した事がわかってしまいます。

 

ハゲを治したいと思っている人は、大部分が周りの誰にもバレずに治したい」

 

と思っている事でしょう。

 

(自分もそうでしたから分かります。)

 

デメリットのもう1つは、

 

ある程度髪がないと植毛出来ないため、かなり薄毛「ハゲ」が進行してしまっている人は適さないでしょう。

 

また、価格も1本につき約400円します。

 

1000本を植毛すると40万円ほどが相場と高額です。

 

そして1000本ではまだ足りないのです。

 

人間の髪の毛は約10万本生えています。

 

頭丁部、又は前頭部(M字ハゲ)の10%を植毛したい場合は1万本で400万円かかる計算になりますね。

 

(安く施術してくれるクリニックもありますがよく調べた上で決めましょう)

 

(本当の口コミや患者さんのビフォーアフターの写真に偽りがないか確認していけば良いクリニックは発見できると思いますよ。)

 

なので「本当にヤバイ時は植毛がある」という感じで最終手段として考えておき、

 

それまではその他の方法で発毛を試していきましょう。何度も繰り返し言いますが生活改善が1番の薬という事を

 

忘れないでくださいね。 (暴飲暴食、喫煙、夜ふかし、飲酒、脂っこい食事、運動不足、ストレス等々です)

 

手術をするにはお金が勿体無い、とか長期休暇は無理、手軽に少しずつでも増やしたいという方は

下の最強セットをぜひ試してみてください。

自分は1年ほどで80%は元に戻りました。4ヶ月間程で確実に実感しますのでオススメです!

中でも薄毛対策にプロペシアは絶対欠かせない商品になります。

プロペシアなくしてフサフサはありえません。

 

今の日本で薄毛対策に認可されている唯一の薬となります!

 

3ケ月程騙されたと思って試してください。

 

3ケ月後には会社の同僚、奥様、友達からの評価は変わっている事でしょう!

 


こちらもおすすめ