• 増やして若さを取り戻そう

老け顔の原因とは?

 

脂質や糖、塩分の摂りすぎが関係している!

 

自分が実年齢よりも老けて見られた経験がある方はいないでしょうか?

 

実は老け顔の原因は日ごろから摂る食べ物に関係しているのです。

 

若返らせるためにも、食べるものは重要な要素になっているので、

 

どういったことが老け顔に直結しているのか解説します。

日ごろの食生活が老け顔を作る

 

 

毎日摂っている食事。食事には、いくつもの栄養素から構成されていて、

 

そのバランスがいいほど、体は若い状態を維持してくれます。

 

しかし、最近では食生活の乱れが横行していて、

 

しっかり栄養バランスを考えていない方が増えているといいます。

 

その影響で老け顔を作ってしまうことがあるので、

 

どういったことが老け顔を作っているのか詳しく紹介します。

1.脂質の摂りすぎ

体を作っていく上で脂質は重要な栄養素となっています。

 

しかし、摂りすぎは体に毒です。

 

特にジャンクフードは美味しいですが、食物繊維やビタミンなど、

 

細胞が若い状態を維持するために必要な栄養素が抜け落ちている状態になっているのがほとんどです。

 

その反面、脂質が高い傾向にあるので、好んで食べている方は要注意。

 

脂質は摂りすぎると、活性酸素となり、肌を劣化させて老け顔を促進させます。

 

脂質の食べ過ぎには注意しましょう。

 

2.糖の摂りすぎ

脳の活性化を促す糖ですが、摂りすぎると糖化が進み、

 

老け顔を作る原因になってしまいます。

 

糖化とは、摂りすぎた糖とたんぱく質が組み合わさって老化物質を作り出す現象のことです。

 

日ごろから糖化が起きていると、細胞は徐々に劣化して老けていきます。

 

特にご飯と麺類を一緒に食べるなど、

糖を摂りすぎてしまうような食事の組み合わせは危険なので、

老け顔になりたくないのであれば、食事の組み合わせには注意が必要です。

3.塩分の摂りすぎ

 

塩分を摂りすぎると、むくみが発生して顔が膨らんでいるように見えることは、

みんなが知っていることだと思います。

しかし、塩分の摂りすぎで気を付けないといけないのはそれだけではありません。

他にも水分を体外に排出する効果があるので、慢性的に体内の水分量を減らしてしまいます。

体内の水分が減ると、肌が乾燥してしまい、

シワやシミの原因にもなりかねません。老け顔を作らないためにも、

塩分の摂りすぎには気を付けましょう。

過剰な偏りのある食事はNG

老け顔になる理由としては、脂質や糖、塩分の摂りすぎであることを紹介しました。

それだけでなく、偏りのある食生活は肌に栄養不足を促し、

劣化させる原因を作ってしまいます。

そのため、日ごろからバランスのいい食生活を行うことをおすすめします。

もし、バランスのいい食事を行えないのであれば、

サプリメントで栄養不足を補う方法があるので、

食事にプラスしてサプリメントを摂るのもいいでしょう。

今までの食事に、さらにプラスして足りない栄養素を補うことで、改善されていきます。


老け顔を卒業して若返る対策を行うように心がけていきましょう。


こちらもおすすめ