• 増やして若さを取り戻そう

円形脱毛症を治したい!原因と対策まとめ


平昌オリンピック、盛り上がって来ましたね~☆

 

日本勢も今のところ、メダル4つ獲得して頑張ってます。

 

羽生結弦選手の期待大きいと思いますが悔いが残らないように頑張ってもらいたいです。

(何で上から目線~、何様だ俺はww)

 

さて、皆さんは美容院ですか?床屋さんですか?

 

自分はなんと(驚く必要はないけど…)床屋さんです!

 

その通わせて貰っている床屋さんでよく耳にする事があります。円形脱毛症!

 

その円形脱毛症、自分も20代の時に経験しています。

 

自分の場合はもうハッキリと理由は分かります。

 

「悩み」

です。

 

いくら考えても解決しない悩みを1ケ月程持っていました。

 

そして床屋さんで散髪して貰ったところ、しっかりと10円ハゲが側頭部出来上がっていました。

 

ビックリです。

 

『俺はなんてナイーブな奴だ』

 

と自分に驚いたのも思い出しますね。

 

ただ昔から忘れっぽい性格もありいつの間にか悩み自体を忘れていたところ、

 

次の散髪の時には毛が生えて来ていました(笑)

 

まぁこれは1つの経験談ですが、今回は色々な方向で円形脱毛症についてお話させて頂きます!

 

 

男女、年齢にも関係なく起きる「円形脱毛症」!!その原因は一体何なのでしょうか?

 

また、もしなってしまった時はどのような対策をしていけば良いのでしょうか??

 

今回は、そんな円形脱毛症の原因や対策などを詳しく解説していきます!!


【円形脱毛症とは?】


 

そもそも円形脱毛症とは具体的にどのような症状なのでしょうか?

 

円形脱毛症は、頭皮にできる2~3㎝程度の脱毛を指します。

 

円形脱毛症は、突然発症するパターンがほとんどで、数か所にポツポツと出来る場合から、

 

頭皮全体にできたり、まつ毛や眉毛に発症するものまで幅広くあります。

 

円形脱毛症は、男女や年齢も関係なく発症します。

 

また、初期症状もそれほどないので気が付くまで意外と時間が掛かることもあります。

 

円形脱毛症の部分は、髪を軽く引っ張ると、痛みが無く抜けることもあります。

 

 

【円形脱毛症の原因】


 

それでは、そんな円形脱毛症は一体何が原因で発症するのでしょうか?

 

主な原因を解説していきます。

 

①自己免疫疾患によるもの

 

円形脱毛症の主な原因として最も考えられている説が「自己免疫疾患」です。

 

これは、本来ならは外部の侵入物から体を守ってくれている免疫機能に異常が発生し、

 

我々の毛根を異物だと認識して攻撃してしまうため発生します。

 

それにより毛根が痛んでしまい、結果的に髪の毛まで抜けて生えなくなってしまうのです。

 

②アトピー素因によるもの


 

アトピー素因とは、アトピー性疾患を患っている方のことを指します。

 

アトピー性疾患とは、アトピー性皮膚炎、気管支炎、アレルギー性鼻炎の3つです。

 

現在、円形脱毛症に悩んでいる患者の4割以上はこの要因を持っていることが分かっています。

 

また、本人かその家族にアトピー素因が半数以上いると分かっています。

 

このことから、アトピー素因と円形脱毛症が深く関わっていることが伺えます。

 

③ストレスによるもの


 

精神的なストレスを受け続けると、円形脱毛症に繋がることもあります。

 

我々に備わっている交感神経は、身体や精神的にストレスを感じるとそれに対抗するために活発に働きます。

 

しかし強いストレスを感じたり、継続してその状況が続くと、その交感神経の働きが乱れます。

 

ストレスは血管を収縮させ、その結果、頭部をはじめ全身への血流が悪くなり、頭皮にも髪の成長に必要な栄養分が届かなくなります。

 

これにより、円形脱毛が発生するのです。また、①で紹介した自己免疫疾患も、元を辿ればストレスが原因であるともいわれています。

 

④遺伝によるもの


 

円形脱毛症は、遺伝も関係あると言われています。

 

中国の調査では、約1割の患者に同様の症状を訴える家族がいて、

 

アメリカでは、患者の家族の一親等の家族は二親等の家族の10倍以上の割合で、

 

円形脱毛症を発症しているという結果も出ています。

 

 

この調査結果からも、円形脱毛症には遺伝的な要素が深く関わっている可能性が高いといえます。

 

⑤出産後に変化する女性ホルモンによるもの


 

出産後の女性は妊娠中と比べて女性ホルモンが少なくなることも、円形脱毛症の原因ひとつ。

 

妊娠中は、女性ホルモンが100倍にまで増えますが、出産後は標準値に収まります。

 

女性ホルモンは発毛促進の働きがあり、その女性ホルモンが減少すると、産後の3~4ヶ月ぐらいは抜け毛が増加します。

 

この時、大体は髪の毛全体の量が減る産後脱毛の方が一般的ですが、円形脱毛症を発祥する場合もあります。


【円形脱毛症の初期症状とは?】


 

気付くのが難しいといわれている円形脱毛ですが、初期の頃はどのような症状があるのでしょうか?まとめたので、気になる方はチェックしてみてください!

・最近、突然抜け毛が増えた

・髪の間から地肌が見える部分がある

・爪がでこぼこしている、爪の横方向に筋が入っている

・アトピー性皮膚炎、気管支炎、アレルギー性鼻炎のどれかを患っている

・脱毛している部分が円形、楕円形。脱毛部分がハッキリしている。

・頭皮に痒みを感じる

 

こういった場合は、円形脱毛症の初期症状である可能性があります。

 

頭皮は自分では見えづらい部分ではありますが、もしかして?

 

と気になった時は、手鏡を使ってみたり、家族に見てもらったりして、

 

早期に発見できるようにしましょう。

 

また、これは円形脱毛症だ!!と憶測で決めつけず、

 

まずは皮膚科などの専門機関を受診して相談してみるのがオススメ!!

 

決めつけて放置しておくと、余計進行してしまう可能性もあります。

 

気付いてから早めに皮膚科などに行けば、必要な処置もして貰えますし、

 

円形脱毛症に対して、心強いアドバイスも貰えるでしょう。

 

大事なのは、一人で悩まないことです!!

 

【円形脱毛症は自然治癒で治せる??】


円形脱毛症は、自然治癒で治せる場合とそうではない場合があります。

 

日本皮膚科学会や、日本毛髪科学協会によると、脱毛箇所が一か所ほどの円形脱毛症なら、

 

約80%が半年から1年間で自然治癒しています。

 

ですが、上記にも記載した通り、一度円形脱毛症を疑った場合は、

 

専門機関に診てもらうことがオススメです。

 

その方が精神的にも気が楽ですし、先の治療の方向性も知れるので、

 

より確実に円形脱毛症の改善へと繋がります。

【円形脱毛症が治るまでの間、どのように隠すか?】


治そう!!と思っても、1日2日で治るわけではないので、

 

当然、円形脱毛症の部分は可能な限り隠したいですよね。隠し方を4パターンご紹介します!!

 

①髪型

分け目を変えたり、ピンで止めたりして、脱毛部分を隠します。
外を歩く時は風が吹くので、ワックスやスプレーで固定するものオススメ!!
一か所程度の円形脱毛ならカバーできます!!

②帽子

オススメはニット帽。頭皮を全体的に覆ってくれるので脱毛部分が広くても目立ちません!!
ただ、サイズが小さすぎるものを被ると頭皮が蒸れて結果的に悪影響を与えるので、通気性の良いものを選ぶようにしましょう。

③脱毛スプレー

「QZ増毛スプレー」や「ヘアーモーメントP」が口コミでも評判が高い増毛スプレー!!
増毛スプレーは、シャンプーをして、髪の毛をある程度セットした状態で使用するのがオススメ!!
少し髪から離してスプレーをすることで、より自然な仕上がりとなります。

④部分かつら

部分かつらやヘアピースも、現在はお手頃価格で使い心地が良いものが多くあります。
簡単に着けられますし、長期間隠すということを考えたら、部分かつらやヘアピースを選択してみるのも良いかもしれません。


【自然治癒が難しい円形脱毛症もある】


 

範囲が広い、頭皮の広い範囲で脱毛してしまう全頭型の円形脱毛症の自然治癒は難しいといわれています。

 

こういった脱毛の場合、ステロイド注射など、

 

専門的な施術が必要となる事がほとんどなので、まずは専門機関を受診しましょう。

 

円形脱毛症は、皮膚科や脱毛症外来、毛髪外来などで対応してくれます。


【まとめ】

いかがでしたか?円形脱毛症は様々な原因が関わっていますが、ポイントは、誰でもなる可能性があるということ!!
「最近、抜け毛が増えたな…。」そんな風に思っている方は、一度自分の頭皮をチェックしてみてください!!そして、円形脱毛の度合いによって自然治癒できるか否かが別れます。

まず円形脱毛を疑ったら、専門機関を受診して、対策を練っていきましょう!!