• 増やして若さを取り戻そう

日々の行いで毛髪の寿命に差が出る!~薄毛に陥る習慣~

先天性の理由で薄毛になる場合もありますが、もちろんそれだけではなく、

日々の習慣によって薄毛に陥ってしまう場合もあります。

では、薄毛を招きやすい習慣としてはどんなものがあるのでしょうか。


1・運動不足による血流の悪化


運動不足が継続すると、血の巡りが滞って血流が悪化する恐れがあります。

そうなれば、栄養が毛髪に十分に供給されなくなって、

抜け毛が増えてしまう場合があります。

また、運動不足が続くと新陳代謝が衰えて、

毛穴が閉塞しやすくなってしまうと言われています。

運動不足の日々が継続すると、新陳代謝が衰えたり血流が悪化したりして、

毛髪の寿命が短くなってしまう可能性が高いという事を覚えておきましょう。

20分程度でも構いませんから毎日運動するようにして下さい。

そうすれば、毛髪の寿命が伸びて、抜け毛が減るはずです。


2・栄養バランスが取れていない


偏った食生活が継続すると、

栄養バランスが悪くなって皮脂の分泌がおかしくなってしまう恐れがあります。

皮脂が出過ぎると毛穴が閉塞して、

薄毛になりやすくなってしまうので気を付けましょう。

特に皮脂の出過ぎを招きやすい栄養分としては、脂肪分や淡水化物などがあります。

具体的な食品としてはジャンクフードが危険です。

ジャンクフードを日常的に食べていると薄毛に陥りやすいと言えます。

フルーツや野菜をどんどん食べる事によってミネラルやビタミンを効率良く摂取して、

栄養バランスを整えるようにしていきましょう。

そうすれば、薄毛を防止・軽減できるはずです。


3・睡眠不足


睡眠中に成長ホルモンが生成されないと、毛髪が伸びません。

しっかり睡眠を確保していれば毛髪周期も安定しますが、

慢性的な睡眠不足になってしまうと毛髪周期がおかしくなって薄毛になりやすくなってしまいます。

毛髪の寿命を長くしたいのであれば、

22~26時の間は睡眠を摂っておくようにしましょう。

この時間が成長ホルモンが一番生成されるタイミングだからです。

つまり、夜更かしは厳禁という事ですね。


4・アルコール、タバコ


タバコやアルコールの習慣があると、毛髪の寿命が短くなりやすいです。

喫煙し過ぎれば細胞が酸化して血流が悪化してしまい、

薄毛に陥りやすくなってしまいます。ですから、

タバコは出来るだけ吸わないようにして毛髪を労わるようにしましょう。

そして、アルコールを摂取し過ぎた場合もやはり血流が悪化して、

薄毛になりやすくなってしまいます。

もちろん、タバコもアルコールも完全に絶たなければならないという事ではありませんが、

節度を守って楽しむようにしましょう。


5・日々の習慣を見直して毛髪を労わる


日々の習慣が原因で薄毛に陥ったり、

薄毛がエスカレートしやすくなったりしてしまうという事がお分かりいただけたかと思います。

ですから、栄養バランスや運動不足などには気を付けるようにして下さい。

そして、アルコールやタバコも控えめにしないと、毛髪に関してはもちろん、

色々な悪い症状を招く恐れもあります。

良くない習慣を改めなければ、30~40代の内に薄毛になってしまってもおかしくありませんので、

できるところから改善していきましょう。


こちらもおすすめ